読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疾風(かぜ)となれ

俳優を目指すも、横浜から沖縄まで自転車で移動しコテージを運営。『個』の時間や人生を大切にする人を増やすブログ

沖縄までチャリ2016 〜5日目〜 ストッパー大破!?

SPONSORED LINK

記事を書いた人:はやて あとで読む

f:id:sippuu0517:20170128211855j:plain

 

どうも、沖縄移住ブロガーの疾風(@hayate_cwrkh5)です。

 

さて5日目いってみよー!

 

 

沖縄までチャリ2016 〜5日目〜

5日目のまとめ

出費
  • 0円

 

朝ご飯も、お昼のおにぎりも、夜ご飯もご馳走になりましたm(_ _)m

 

休憩

2回

 

鈴鹿峠に登る手前でおにぎりを食べたのと、琵琶湖前で睡魔に襲われて、川沿いの芝生で1時間ほど昼寝しました。笑

 

携帯充電

1回

 

走行ルート・距離
  • 三重県四日市市

  • 京都府京都市

 

97km

 

やっぱりもうちょっと進めるなって思っちゃう。笑

 

あたたかく送り出してくれたボム家の皆さん

朝ご飯もご一緒させていただき、またもや僕の大好物である「なし」があったことに感動しつつも、あたたかいスープで身体も心も温まる。

 

f:id:sippuu0517:20170128211904j:plain

 

レシピも教えてもらって、必ずや自分で作ろうと思った。

 

そしてお昼ご飯におにぎりも握ってもらい、「田中家全員で沖縄行くから無事で」と送り出してもらった。

 

言葉にできないほどの感謝と、三重の四日市に帰る場所ができた喜びを胸に先へと進む。

 

f:id:sippuu0517:20170128211912j:plain

 

昨晩会いに来てくれた世界一周をしてきた大畑摂くんからも、吉野家の牛丼一杯が無料となるチケットをもらったのも忘れない。

 

ありがたくこの旅の中で使わせてもらう。

 

またもやハプニング!?

出発をするってなった時に、ストッパーがついに大破。笑

 

f:id:sippuu0517:20170128211922j:plain

 

これじゃチャリが止められぬ...

 

そう思ってた矢先に、ボムさんが「ちょっと待ってて!」と言って、ちゃちゃっと簡易DIYをしてくれた。

 

f:id:sippuu0517:20170128211927j:plain

 

木で作った簡易ストッパー。

 

底面に滑り止めが付いてて、棒にぴったりはめられるようになってて。

 

「途中で修理しなよー」

 

って言ってくれたけど、何が何でも沖縄までこのストッパーで行こうと思った。笑

 

辛いと言われていた鈴鹿峠 

 

わざわざこうして、辛いことを教えてくれる人もいれば、ボムさんも「車でも運転していきたくない」って散々言われて...笑

 

相当すごい坂なんだろうなと思って臨む前に、峠を越える前の昼休憩。

 

f:id:sippuu0517:20170128211935j:plain

 

ボムさんご夫妻の愛が詰まった手作りおにぎり。

 

こんぶとしゃけ(ごま&みょうが)味のそれは、もう絶妙で。

 

おにぎりくそ美味かったって奥さんにお伝えください

 

って速攻送った。笑

 

f:id:sippuu0517:20170128211942j:plain

 

食べた場所は、丸太がたくさん置かれているところで、空氣はひんやりとしていて、虫がたくさんいた。

 

  • 見たことないぐらいのサイズの蜘蛛
  • 見たことないぐらいのサイズのスズメバチ
  • 聞いたことのない音を発しながら飛ぶトンボ

 

どれも新鮮で、変な緊張感の中でおにぎりを食べて、なんか楽しかった。笑

 

肝心の鈴鹿峠は、思っていたよりも辛くなく、意外とスイスイと登れてしまった。

 

要するに、何年か前に登った箱根に勝てる山は今の所ないということだ。笑

 

一度とんでもない辛さを経験すると、それ以外はほんと大したことないのね。きっと死ぬような思いとか経験をしちゃえば、ほぼ無敵なんだろうな。

 

あとはずっと下り道

鈴鹿峠を登ってから、京都に着くまではほぼずっと下り道だった。

 

ただ、途中、激しい眠氣に襲われて琵琶湖前の川沿いの芝生にて1時間昼寝をする。

 

f:id:sippuu0517:20170128211949j:plain

 

川を覗けば野生のメダカがたくさんいて。程よく日光にも照らされ、心地よく眠った。

 

起きてから、もちろんチャリも荷物も全部ありのままあって、そりゃ盗られたら困るんだけども。笑

 

こんな自然の中で昼寝をするだなんて、贅沢だなぁと思いつつも、いい旅だなって噛み締めながらまた進む。

 

昼寝をし過ぎちゃったせいで、太陽がある内に琵琶湖には着けなかったけど、これはこれでありだなって。

 

f:id:sippuu0517:20170128211956j:plain

f:id:sippuu0517:20170128212002j:plain

f:id:sippuu0517:20170128212009j:plain

 

夜の琵琶湖と近江大橋。

 

今度は違う顔をしてる時に見に来たいな。

 

f:id:sippuu0517:20170128212020j:plain

 

そして京都に到着。早速京都っぽい。

 

心なしか、すれ違う女性のレベルもかなり高い。笑 これが京都クオリティーだと言うのか。笑

 

ちょっとここまで順調過ぎて、これ以降が少し怖い...笑

 

お金はないけど時間はある

走りながら考えていたこと。

 

一般的には「お金はあるけど時間はある」人が多いのが現状だが、そうじゃない人がいてもいいんじゃないかなとも。

 

お互いがそれで何かを生み出せたり、刺激を与えあえるのであれば、どちらかに振り切るのも一種の手。

 

もちろん、お金も時間もあるってのが一番なんだろうけど。

 

出逢った人や、泊まらせてもらった人に話を聞くと、やっぱり自由になりたい人が多い。

 

それでもこの旅をしながら思うのは、思い切って全てを捨てて自由になってみれば、案外なんとでもなるんだなっていうこと。

 

僕らは「自由になれない」と錯覚しているだけなのかもしれない。

 

もちろん、人によって「自由とは」って定義も異なるから、一概にこうだとは言い切れないけどね。

 

おわりに

明日は月曜日の雨予報が怖いので、120kmほど進んで兵庫県は姫路市まで進みます!

 

泊めてくださる方いらしたら、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 ⬇︎6日目はこちら⬇︎

www.kobayashihayate.com