読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疾風(かぜ)となれ

俳優を目指すも、横浜から沖縄まで自転車で移動しコテージを運営。『個』の時間や人生を大切にする人を増やすブログ

もう処方箋はいらない?glensでコンタクトを安く買おう!

SPONSORED LINK

記事を書いた人:はやて あとで読む

f:id:sippuu0517:20170105005556j:plain

(出典 : コンタクトレンズウォッチャー)

 

どうも、沖縄移住ブロガーの疾風(@hayate_cwrkh5)です。

 

最近気付いた僕が普段使っている2ウィークアクエアを安く買う方法を教えます!

 

 

glensでコンタクトを安く買おう!

コンタクトレンズ買う方法

①眼科で処方箋を貰って、販売店で買う 

f:id:sippuu0517:20160524161844p:plain

 

これが従来の形かと思います。

 

眼科に受診しに行って、度数と眼の状態を診察してもらい、処方箋をもらって、販売店でコンタクトを購入する。

 

この形態だと、

 

  • いつ眼科はやってるかな?
  • 販売店は近くにあるかな?
  • そもそも販売店も空いてるかな?

 

と、なかなか『忙しくて行けないんだよね...』という人は、少なからずいるのではないでしょうか?

 

②通販で買う

知っている人もいれば、知らない人もいる通販。

 

知ってはいるけど、実際には使用してないという人も多くいるでしょう。

 

今日はこちらの「通販」に照準を合わせてお話していきます!

 

通販で買って大丈夫なの?

処方箋はいらないの? 

f:id:sippuu0517:20170105005603j:plain

 

まず疑問になるのが、『え!?通販でコンタクト買うって、医者からの処方箋なしで購入していいの?』って疑問だと思います。

 

単刀直入に述べると、いりません!笑

 

ここが、コンタクトの通販に対する大きな勘違いな訳ですね。

 

そもそも処方箋とは、

 

処方箋が一般的によく使われるのは、医師に処方してもらった「処方箋医薬品」を購入する場合です。医師から薬剤師に宛てた文書が「処方箋」と呼ばれ、その処方に従った医薬品を薬局で処方してもらいます。

コンタクトレンズの処方箋は、眼科医から「このコンタクトを処方してください」と販売所に宛てた文書で、眼科で眼の状態を検査し、処方箋(装用指示書)が交付されます。

(引用 : メガネスーパー)

 

なるほどなるほど。処方箋ってこういうことなのね。メガネスーパーさん情報ありがたや。

 

え、でもいらないのは結局どうしてなんだ?

 

実は厳密に言うと、「コンタクトレンズ処方箋」というものは存在しません。

なぜなら、コンタクトレンズは処方箋を必要とする「医薬品」ではないからです。(コンタクトレンズは「高度管理医療機器」です。)コンタクトレンズ処方箋と呼ばれているものは、あくまでも「装用指示書」であり、医師が薬剤師に宛てた処方箋とは異なります。

さらに、薬事法上、コンタクト購入時に処方箋(装用指示書)を提出しなければならない法的義務はないのです。

(引用 : メガネスーパー)

 

そういうことか! 法的義務はないから大丈夫なんだ!

 

え、じゃあ何で販売店は処方箋の提出を求めてるんだ?

 

一つは、お店の販売方針により処方箋の提出を求めているケース。もう一つは、レンズメーカーが販売店に対し処方箋の提出を推奨しているケースです。後者のケースの意図は、レンズメーカーが、何の眼科検診も受けてない人がレンズを利用し、眼に害が発生することを避けたいからで、これはメーカーと消費者双方のために当然の考えと言えるでしょう。

しかし、眼に障害が発生するのは、コンタクトレンズの不適切な選択よりも使用方法によるところが大きいのです。処方箋提出だけで問題が解決するわけではありませんので、正しい使用を心がけることが大切です。

(引用 : メガネスーパー)

 

確かに。コンタクトで失明とかあるもんね。

 

僕もコンタクトの使用に関しては、かなり氣を遣っています。

 

定期検診は怠らずに!

f:id:sippuu0517:20170105005612j:plain

 

ということで、僕が実践しているのは定期検診です。

 

眼科に約3ヶ月に一回程度を目安に、眼科に通って眼の状態を確認してもらってます。

 

それすらもめんどくさいという方は、ぶっちゃけ失明したり、視力が落ちても自己責任ですね。笑

 

その労力すらも惜しむのって、僕は自殺行為だと思います。笑 それで眼のトラブルがあって、泣きついても正直遅い訳ですね。

 

もはや、自分の健康管理も投資の一部だと僕は思います。

 

通販サイトっていっぱいあるけど?

数多ある通販サイトの中でも僕が使っているところは、「glens - グッドレンズ」です!

 

gles - グッドレンズについて 

f:id:sippuu0517:20170105005618j:plain


(引用 : 現役眼科検査員が教えるコンタクトレンズのすべて)

 

グッドレンズは海外に拠点を置く輸入代行ショップです。

 

ホームページはこちら↓

www.glens.jp

 

僕がなぜこのグッドレンズを選んだか

それは単刀直入に驚きの破格です。

 

いつも5,500円程度の出費で左右3ヶ月分の2ウィークアクエアを購入していました。

 

f:id:sippuu0517:20170105011018j:plain

(出典 : アイシティ)

 

ただ、僕がいつもお世話になってる眼科では、この2ウィークアクエアを取り扱わなくなってしまったので、この機会にと思って探していたところ、友人からこの通販サイトを教えてもらった訳です。

 

それがこのサイトで見てみると...

 

f:id:sippuu0517:20170105011037j:plain

f:id:sippuu0517:20170105011043j:plain

(出典 : glens)

 

まさかの半額以下www

 

感動しました。笑

 

購入までの流れ 

参考までに購入の流れを写真つきで紹介しておきます。

 

ホームページはこんな感じ。

 

f:id:sippuu0517:20170105011050j:plain

 

スクロールすると、商品ラインナップがあります。

 

f:id:sippuu0517:20170105011056j:plain

 

僕の場合は2ウィークなので、「2週間使い捨て」をタップすると以下の画面に

 

f:id:sippuu0517:20170105011103j:plain

 

一覧の中から、自分が欲しいコンタクトレンズをタップ(ない場合は取り扱いがないみたいです...)

 

f:id:sippuu0517:20170105011112j:plain

 

商品ページに移動するので、下にスクロール

 

f:id:sippuu0517:20170105011124j:plain

 

このように度数を選択する画面になるので、度数を入れて「買い物かごに入れる」をタップ(僕の場合は、右が-4.25、左が-4.0なのでそれを入力)

 

以下のような買い物かごに入っている購入商品リストが出るので、確認したのち、

 

f:id:sippuu0517:20170105011131j:plain

 

買い物を続ける方は「買い物を続ける」ボタンを。これでいいよ!って人は「購入手続きへ進む」ボタンをタップします。

 

f:id:sippuu0517:20170105011138j:plain

 

続いて決済選択画面に移りますので、自分の好きなように選択。僕の場合が、クレジットカードだったので、その場合で進めます!

 

他にも「コンビニ前払い」「ATM前払い」「銀行ネット」「後払い」と、支払い方法も豊富です!

 

f:id:sippuu0517:20170105011144j:plain

 

クレジットカードをタップして選択したら、「お支払い方法選択の上、配送先指定へ進む」をタップ

 

f:id:sippuu0517:20170105011150j:plain

 

そうすると、配送先住所等の入力画面に移りますので、そこで記入した後、「最終確認」に進むボタンをタップ

 

f:id:sippuu0517:20170105011155j:plain

 

すると、「購入商品」に「手数料」と「送料」を加えた合計金額と(今回は送料300円の手数料140円で合計2,940円)、「支払い方法」、「配送先」の情報が表示されますので、間違いないか確認。

 

そして、「利用規約に同意して購入手続きをする」ボタンをタップすると、もう一息!笑

 

f:id:sippuu0517:20170105011202j:plain

 

上記の空欄に、クレジットカードの情報を入力すれば完了です!

 

その後、こちらのようにオーダーIDが表示されます!こちらはマイページにて発送状況や、注文内容の確認ができますので、控えておきましょう!

 

f:id:sippuu0517:20170105011208j:plain

 

おわりに

おかげさまで、これまで通年2万以上かかっていたコンタクトが半額以上のたった1万円で抑えられそうです!

 

皆さんも使用方法は守りつつ、安く仕入れる方法をぜひとも通販でお試しあれ!