読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疾風(かぜ)となれ

俳優を目指すも、横浜から沖縄まで自転車で移動しコテージを運営。『個』の時間や人生を大切にする人を増やすブログ

【参加費100万円】松本人志『ドキュメンタル』がヤバいwww

SPONSORED LINK

記事を書いた人:はやて あとで読む

f:id:sippuu0517:20161202195400j:plain

(出典 : Amazon CAPTCHA)

 

あの『笑ってはいけない』シリーズを超える、究極のお笑いが始まった。

 

横浜から沖縄までチャリで移動したブロガー疾風(@hayate_cwrkh5)です。

 

僕は自他共に認める『ゲラ』で、お笑いが大好きなんですよ。笑

 

特に、毎年年末にやってるガキの使いやあらへんでの「笑ってはいけない」シリーズを何回も見返してしまうほど大好きなわけで。笑

 

そんな「笑ってはいけない」シリーズをはるかに超越した、間違いなくこれまでのどのお笑いよりもクッッッッッソ面白い番組がある。

 

それが、、、

 

f:id:sippuu0517:20161202013540j:plain

 

HITOSHI MATSUMOTO presents 【ドキュメンタル】がヤバいwww

まずはその予告ムービーをご覧いただこう

しのごの言わず、いいからこの予告を見れば、お前も見たくなるはずだ。笑

 

(出典 : Amazon プライム・ビデオ)

 

動画が見れないだと!?

 

仕方ない。そんなお前には、簡単に俺がこの番組を紹介してやろう。

 

参加費は100万円、優勝賞金は1,000万円

f:id:sippuu0517:20161202195415j:plain

(出典 : Amazon CAPTCHA)

 

「100万円をご用意の上、お集まりくださいませ」

 

お笑いの申し子、松本人志から芸人たちに送られたのは、「100万円をご用意の上、お集まりくださいませ」という招待の手紙。

 

もちろんフィクションではなく、本当に参加費として徴収されるという半端ない緊張感とプレッシャー。

 

ただし!

 

優勝賞金は、参加者10人が持ち寄った100万円、つまり「1,000万円

 

  • 「バカバカしい」
  • 「絶対最初に笑うわwww」
  • 「さすがに高過ぎますやん」

 

そういって、何人もの芸人が招待を却下する中、勇氣ある10人の芸人が集結する。

 

絶対にハズレがないと思える10人の精鋭たち

f:id:sippuu0517:20161202032433j:plain

(出典&加工 : Amazon CAPTCHA)

 

「そこに集うは、100万円をドブに捨てる覚悟を持った戦士たち」

 

  • ジミー大西
  • 宮川大輔
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • くっきー(野性爆弾)
  • ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
  • 久保田和靖(とろサーモン)
  • 斎藤司(トレンディエンジェル)
  • 川原克己(天竺鼠)
  • アントニー(マテンロウ)
  • 大地洋輔(ダイノジ)

 

など、一癖も二癖もある名だたるメンバーが揃っている。

 

この芸人たちが「いかにして100万円用意したのか」も番組内で語られているのだが、その過酷さとリアル度が益々、本氣度を示している。

 

舞台は何をやってもいい6時間の無法地帯

f:id:sippuu0517:20161202195429j:plain

(出典 : Amazon CAPTCHA)

 

「コントの笑いとか、すべらない話とか、大喜利とか漫才、漫談とかあるけれど、誰もやっていないのが無法地帯。

お客さんを相手に笑わすのではなく、密閉された中で、10人が自分以外を笑わせるためにやるのがシンプルで、一番面白いやつを決めるのに良いんじゃないか。」

 

そう、松本人志が語るように、本当に何をしてもいい無法地帯が舞台なのだ。

 

タバコを吸おうが、酒を飲もうが、ケツを出そうが、何をしてもいい。

 

それは、年末に老若男女が見れるエンターテイメントではなく、まさに芸人たちの本氣と本氣がぶつかり合うドキュメンタリーなのだ。

 

とにかく密室で、誰が一番面白いかを決める戦いなんだ。

 

もちろんルールは「笑ってはいけない」

f:id:sippuu0517:20161202195440j:plain

(出典 : Amazon CAPTCHA)

 

 「笑ってしまったが最後、100万円は水の泡。新感覚バトルロワイヤルだ。」

 

他にも細かいルールはいくつかあれど、とにかく「笑ってはいけない」。

 

笑ってしまい、レッドカードを松本に宣告された時点で失格。

 

参加費用100万円は水の泡となり、1円も返金されない。

 

その代わり、6時間以内に1人になることができれば、優勝賞金1,000万円を手にすることができる。

 

なんなんだこの凍てつくような緊張感は!!!笑

 

そして第1話、開始数秒で波乱の展開が巻き起こるっっっ!!!!!

 

第2話では、まさかの脱落者が出て、第3話では脱落者が続出!!

 

そして今日12/20日に第4話が放送され、衝撃の結末が!!!

 

放送は「Amazonプライム」にて

f:id:sippuu0517:20161202195452j:plain

(出典 : Amazon CAPTCHA)

 

 「こんなものが地上波で放送できる訳がない」

 

そう、この「ドキュメンタル」は、インターネット上のAmazonプライム独占配信となっている

 

さすがは松本人志...

 

影響が出そうな子どもやジジィ・ババァには見せないで、本当にみたいやつだけ見に来いってか...

 

くそっ...

 

ここにも1人、それにつられて即登録した男がいるぜ...笑

 

 

安心しろ。今なら無料で楽しめるぞ。

「1ヶ月無料お試し期間があるから、見たいだけ見てやめればいい」

 

たとえ、1ヶ月を過ぎたとしても、Amazonカスタマーサービスに連絡すれば、返金対応もしてもらえるだと!?

 

なんなんだこのAmazonの余裕は...

 

1ヶ月以上続けるにしても年会費が3,900円だから、月額325円。TSUTAYAで借りてくるより安い...笑

 

しかも、学生ならAmazon Studentで、年会費1,900円だから、月額160円で全部見れちゃう...笑

 

第4話まで放送され、First Seasonがついに終了!まとめて見るなら今がオススメだ!!!