かぜとなれ

自分=職業を目指してもがく、ふざけた24歳の人生の道しるべ

かぜとなれ

【必見】全ての個人起業家のたまごに送る14のメッセージ【個人起業家支援セミナーイベントレポート】

f:id:sippuu0517:20170627132927j:plain

 

先日急遽開催が決まった「個人起業家支援セミナー」

予定が合わず、来れなかったという人のためにイベントレポをまとめましたので、どうぞご覧ください!

 

 

全ての個人起業家のたまごに送る14のメッセージ【個人起業家支援セミナーイベントレポート】

1. 起業家の厳しい現実

 

稼げない&残れない起業家の多さを忘れてはいけない。

 

そんな導入から始まった個人起業家支援セミナー。

 

2. 成功する起業家に共通していること 

 

成功する起業家に共通するものは「目的と目標」とのこと。それを聞いて、すかさず自分も紙に書いて見返せるようにしました。

 

 

メインテーマは「不可能を可能に」として、とことん3つのことを追い求めていくように生きていこうと思った。

批判されたり、バカにされてもめげないように。むしろそれが指針。ただし、アドバイスや指摘はしっかり受け止めること。

 

3. 死んでもやるぐらいの氣持ちがなければ達成できない

 

起業だけに限らず何事も「死んでもやるぐらいの氣持ち」がなきゃ成功しない。だからこそ、本氣さが大事とのこと。

自分が思ってる以上に、何事も本氣になれていない人が何かを成し遂げたり、実現することは不可能に近い。逆をいえば、本氣でできるのであれば何でもできる。

 

 

さらに具体的に目標と目的を遂行するために必要なのが、

 

  1. 短いサイクルで具体的にする
  2. 確認し、振り返る時間を持つ
  3. 紙に書いて可視化する

 

の3つで、至極簡単だし、当たり前のようなことだけどもこれすらやっている人はほぼいないとのこと。

なお、目標を立てる際には、具体的な数値を求めることと、期間を短めに設定するのがコツ。

 

例えば、受験勉強も3年間かけて勉強して国立合格を目指すよりも、3ヶ月勉強して国立合格を目指す方がよっぽど大変だけど、100%集中できる。

人間だからダレたり、めんどくさくなるのは当たり前だという前提を忘れずに、その自分とうまく付き合っていくことが大切。

 

4. どんなビジネスやサービスにも100%批判はつきまとう

 

これは必ず駆け出し起業家の勢いが止まってしまう原因。100人いたら少なくとも1人以上は批判が出てきて当たり前。

大事なのは、今満足してくれている人の満足度を120%に引き上げていくこと。

 

5. アイデアは形にしなければゴミ

 

アイデアは形にしなければ、ただのゴミでしかない。とにもかくにも、アイデアは思いついたら即形にする。 

 

6. 起業家として最も大切なマインド

 

行動し、動き続けること。

 

このマインドセットを通して、実践・改善をし続ける。

 

7. サラリーマンと起業家の最も大きな違い

 

起業家の最大のネックは、結果を出さなければ固定収入がないからこそ、全てを自己責任=自責で行わなければいけないということ。

たとえ、自分のクライアントとして取引がしにくいとか、悪口を言いたくなるような取引先だったとしても、取引を終わらせたり、自分で対処しなければいけない。

 

8. ビジネスにおいて最も大切なこと 

 

稼げないものはボランティア。そして、ビジネスにおいてはクライアントが求める結果を体験させてあげることが何よりも大事。

 

ライザップであれば魅力的な身体作りだし、塾であれば志望校に合格させることだし、ディズニーランドであれば夢のような時間を提供すること。

 

9. 個人起業家が最も仕事をもらいやすい方法

 

セミナー内で向かい合って1人ずつ自己紹介をするセッションがあったのだが、その後全員に向かって自分がした相手の他己紹介を立ってすることに。

 

自分は、相手の自己紹介をうまく伝えられず、あぁ...やってしまった...と思っていたのですが、室川さんがこう一喝。

 

他己紹介ができないのは、あなたの自己紹介が自分のポイントをうまく説明できていないからです。

 

  • どんなことができて
  • 具体的にどんな数値的結果を出せて
  • それがどれぐらい凄いことなのか
  • そしてなぜ自分がそれをやっているのか 

 

などを1分以内に伝えきれない場合は、仕事はもらえないと覚悟した方がいいとのこと。1分で二度と忘れられないぐらいのインパクトを与える。

 

なぜなら、相手が自分を紹介してくれる時は、必ず時間がたった後だから、雑になりやすいし、完璧には伝えられないからこそ、シンプルかつインパクトを意識する。

 

10. 自分だけの商品・サービスを作る時に必要なこと

 

  1. どんな人に
  2. どんな方法で
  3. どんな結果を与えて
  4. どんないいことがあるのか

 

が、これでもかと言わんばかりに明確になっていなければ、絶対の自信を持って提供することはできない。

また、どんな人か?は「目を瞑ってありありと繊細にイメージできるぐらい」がベスト。

(例 : 24歳 社会人2年目 彼女持ち 一人暮らし 月収24万 性格は...)

 

 

また、商品は一つだけではなく、クライアントのニーズに合わせて複数用意することも忘れてはいけない。

裏を返せば、一つの商品で全員をカバーするのではなく、1人を徹底的にサポートできるものを複数用意する。

 

11. 個人起業家は薄利多売をしてはいけない

 

貧乏暇なしにならないためにも、個人起業家は厚利少売を意識していくこと。 

 

12. 価格の決め方

 

この価格に関しては、自分が欲しい価格で決めて、それに付随する形で価値を付加していく。間違っても、他の競合との価格競争にならないようにすること。

 

 

また、自分の専門的サービスの価値を適切に伝えられるロジックを持つこと。希少性や、具体的にどれだけ結果を出せるのかなどの明示が一例。

 

13. ビジネスの基本

 

基本としてフロー型ストック型を意識。

ブログのような長期的なものはストック型で、バイトや日雇いなどがフロー型になる。

 

14. 最強のビジネスモデル

 

今後起業を視野にいれている人は、きちんとこのビジネスモデル通りに商品やサービスを構築すること。

副業として会社員を勤めつつ(フロー)、ストック型のビジネスを作り上げる方法もあり。

 

おわりに

こういう起業に関する知識は皆無だったので、今回のセミナーは今後の大きな指針になりました。

 

まずはこの基礎にのっとって、作戦を練っていこうと思います!室川さんありがとうございました!!